よくあるご質問:遺言の内容が遺留分の規定に反するものでもいいの?

A:遺言の内容が遺留分の規定に反するものであっても遺言が無効になることはありませんが、遺留分権利者から減殺請求をされた場合はこれに応じる必要があります。遺留分権利者が減殺請求をしないように付言事項などに記載することはできますが、法的拘束力は生じません。なぜこのような相続財産の配分にしたのか、理由を明記すると効果的です。

行政書士リーガルプラザ
行政書士
松永 大輔 Daisuke Matsunaga