行政書士リーガルプラザ

私、松永大輔は特定行政書士法定研修を修了し、このたび特定行政書士になりました。

特定行政書士は、行政書士が作成した官公署に提出する書類に係る許認可等に関する行政庁への不服申立て手続きの代理業務が行えるようになります。

ただ、相続遺言業務において特定行政書士の出番はほぼないでしょう。

しかし、国際業務においては、入管による難民不認定の不服申し立てにおいては特定行政書士の出番かと思います。確かに難民申請は国際業務の中でも特殊であり、技人国や経営管理などとは違い、身分系と呼ばれる在留資格です。しかも置かれている立場はその国の事情にもよるところがあり、かなり複雑ではあります。

巷間、難民不認定により収容されている外国人の方々に対する入管の仕打ちはよく耳にするところです。特定行政書士として私にできることがあれば!難民申請で苦労している外国人の方々の力になれれば!と強く願い、 いつの日か依頼人の外国人の方々の期待に応えることができる日まで研鑽を積んでいきます。