行政書士リーガルプラザ

企業理念:REUSE for the future.

「相続・遺言」の記事一覧

老後の不安を解消する面白いカードゲームができました!

行政書士リーガルプラザでは「 Happy Endingカード 」を導入しました。いわゆる終活に関するカードゲームです。 「終活」ときくと、どうしても「終」の字のインパクトが強すぎてネガティブな印象を持たれている方が多く、 […]

よくあるご質問:相続税の納付は現金一括払い?

A:基本は金融機関の窓口で現金一括払いとなりますが、最近はクレジットカードでの納付も可能になったそうです。詳細は国税庁のホームページをご参照ください。 行政書士リーガルプラザ行政書士松永 大輔 Daisuke Mats […]

よくあるご質問:遺産分割協議がまとまらないときは?

家庭裁判所にて調停で決着をつけることになるでしょう。調停とは解決に向けた話し合いのようなものです。 「私はもめるほどの大した財産はない」とおっしゃる方が多いのですが、相続財産が少なくてももめます。相続人が多ければ多いほど […]

よくあるご質問:遺言の種類とメリット/デメリットは?

遺言書は3種類あります。 1:自筆証書遺言 メリット:費用があまり掛からない デメリット:無効である場合が多い/真贋を巡ってトラブルが多い 2:公正証書遺言 メリット:公証役場で作成/保管するため安心 デメリット:公証人 […]

7月法改正のポイント:不動産の遺留分減殺請求を金銭で解決できるようになります

従来 相続した不動産を他の相続人から遺留分減殺請求された場合、他の相続人が不動産の一部を取得し、不動産を相続人間で共有する 法改正後 遺留分に相当する金銭を他の相続人に支払うことにより、不動産を単独所有することができる※ […]

7月法改正のポイント:被相続人の口座から一定額の払い戻しができます

従来 被相続人が亡くなった場合、口座が凍結されるため、遺産分割協議がまとまるまで払い戻しができない 法改正後 1金融機関につき最高150万円まで払い戻しができる(相続開始時の口座残高 x 法定相続分 x 1/3) 行政書 […]

7月法改正のポイント:介護した親族に請求権が与えられます

従来 介護した親族(長男の嫁など)が相続人でない場合、いくら懇切丁寧に介護したとしても相続人でない以上相続財産はもらえない 法改正後 介護に寄与した相続権なき親族( 特別寄与者 )は相続人に対して金銭(特別寄与料)の請求 […]