行政書士リーガルプラザは、Reduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル)の「3R活動」を推進し、お客様のご自宅にある不用品の処分・整理・再利用をサポートします。

Reduce(リデュース)→物を大切に使い、ごみを減らすこと

Reuse(リユース)→使える物は、繰り返し使うこと

Recycle(リサイクル)→ごみを資源として再び利用すること

行政書士リーガルプラザでは3R活動のうち、特に「リユース」の分野に注力し、極力処分せずに、次に使う人の橋渡し役を担います。リユース業の店舗経営約10年の経験を活かし、専門家だからこそできる相続対策のモノの鑑定/査定、売却に関するご相談を承ります。

海外で喜ばれる日本のリユース品

また、行政書士リーガルプラザは海外にも販路を持っており、買い取った商品は日本国内だけでなく、海外にも販売します。Made in Japanの商品は全世界で人気です。国内で需要がなくなったものでも海外では需要があることが多いです。

カメラ

特にフィルムカメラやレンズは日本国内での需要と海外での需要にギャップがあり、モノによっては高値がつくことがあります。ただしデジタルカメラの場合はコンセントの形状が国によって異なるうえ、販売年数が浅い為、国内との価格差はあまりありません。

古銭

日本のコインコレクターは世界各国にいらっしゃいます。日本で年に数回行われるコインの展示会では世界各国からコインコレクターが集結し、大変な注目を集めています。その中でも例えば昭和62年(1987年)の50円玉は流通量過多のため、貨幣セット(ミントセット)用でしか発行されず、したがって一般流通されなかったために非常に希少価値があります。このような希少価値の高いコインや貨幣セットは海外からのコレクターに非常に人気があります。また、その中でも鏡面仕上げがされたプルーフセットは特に人気があります。

レトロゲーム

元々日本のアニメやゲームは海外から高く評価されており、その中でファミコンなど製造年数が経っており、現地ではなかなか手に入らないソフトを求めている日本のレトロゲームマニアの方も多数いらっしゃいます。

骨董品

中国の富裕層に特に人気があるのが、絵画や掛け軸などの骨董品です。中国の富裕層向けオークションも存在し、日本の骨董品に高値がつくことが多々あります。