被相続人が亡くなられた後、遺言書なき場合は遺産分割協議をしなければなりません。
簡単に言えば相続財産の分配ではあるのですが、これが元で相続人間で紛争になりやすいのも事実です。
一般的には「相続人全員が一堂に会し、協議を行う」というイメージが強い印象がありますが、
行政書士リーガルプラザでは紛争の起こらない・蒸し返しのない遺産分割協議をするべく遺産分割協議書の作成を行います。
遺産分割協議において、行政書士は紛争には介入することはできない為、紛争にならないよう調整役としての役割を果たします。詳細はご相談ください。